飛越地域の概要
四つの回廊
飛越お国自慢
飛越市町村情報
ふるさと飛越倶楽部

サポーター通信

■ 2009年3月

定点観測。今日の富山市松川の桜です。

昨日(3月30日)、松川の桜が開花したと発表されました。

sakura0331.jpg

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

南砺市上梨地区にあります合掌造りの家「村上家」です。

murakamigaikan.jpg

 

3月16日に発売されたミシュラン・グリーンガイド・ジャポンでは、

五箇山が「わざわざ訪れる価値ある場所」(3つ星)で、

村上家が「近くに入れば寄り道をして訪れるべき場所」(2つ星)として

紹介されているそうです。

 

1階の囲炉裏の間です。

murakamiirori.jpg

 

中二階を過ぎて、さらに梯子を登ると3階です。

murakami3f.jpg

 

さらに梯子を登ると4階です。

murakami4f.jpg

 

5階です。4階からその様子が少しわかります。

murakami5f.jpg

 

村上家では、内装がとても立派なのは、もちろんですが、

雪の重みで根元が曲がった杉を利用した

天井の「ちょんな梁(ばり)」の曲線がとても綺麗です。

これだけ綺麗なカーブを描いているのは、なかなかないと思います。

たくさんの杉の木の中から選び抜いたと思われます。

mukakamichonnnabari.jpg

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

今日(平成21年3月30日)の松川の桜です。

28日と同じ場所です。開花目前です。

matukawasakura330.jpg

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

富山市内を流れる松川の桜は、

富山県内では、一番早く咲く名所の1つですが、

最近の花冷えで、咲く寸前で足踏みしています。

今朝の桜はだいたいこんな感じの桜が多いです。

matukawasakura328.jpg

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

念仏道場

2009/03/26

南砺市小原地区にある念仏道場です。1807年に完成したといわれています。

nennbutu.jpg

 

これは、旧上平村上中田地区にあったものを

平成7年に小原地区に移築ました。

北陸に浄土真宗が広まった初期の頃、このような道場が各地に建てられ

それが、寺院に発展したといわれています。

五箇山では、集会場等としても利用されたたため、

道場形態として創建当初の姿をそのまま残したといわれています。

寺院となる前の姿を残している貴重な建物です。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

南砺市菅沼集落の庄川をはさんでの

対岸のガードレールの色は、

白ではなく、シックな色で統一されています。

ga-dore-ru.jpg

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

菅沼集落の春

2009/03/22

南砺市菅沼集落では、

今年は、雪が少なかったようです。

suganum2.jpg

 

田んぼに水がもう張ってあります。

sugnnum.jpg

田んぼに写る合掌造りの家も綺麗です。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

五箇山の春

2009/03/21

今年の冬は暖冬で、五箇山にも既に春が来ています。

雪もほとんど解け、ふきのとうの花が咲いています。

写真は、南砺市「合掌の里」の写真です。

 harugasshounosato.JPG

次の写真は、菅沼集落対岸からの写真です。

harusuganuma.JPG

 

気温も今日は、五箇山も15度以上で

合掌の里の桜のつぼみも膨らんでいます。

sakuragasshou.JPG 

暖かいので上梨の喜平商店では、既に「豆腐ソフト」が売り出されていました。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

ミシュラン ギド・ヴェール(グリーンガイド:緑のガイド)が3月16日に日本で発売され、
五箇山では、世界遺産の相倉集落、菅沼集落とともに、

西赤尾集落にある「岩瀬家」が2つ星に選ばれました。

(他に上梨の「村上家」も2つ星とのことです。)

iwase1.jpg

 

 

今回は、岩瀬家をあらためて紹介したいと思います。
1f.jpg

 

岩瀬家は、約300年前、加賀藩の塩硝を納入する上煮役藤井長エ門の家として
8年もの歳月をかけ建てられました。
14.5間×7間もあり、加賀藩の役人が来るということで
当時禁止されていた欅の使用を特別に許され、ふんだんに使用しています。

準5階建てで、五箇山白川郷を合わせても一番大きいといわれています。
つまり、世界最大の合掌造り建築といっても過言ではありません。

写真は、準3階です。

30名以上が住まわれていたそうで、ここにも住んでいたのでしょうか。

3f.jpg

 

準4階です。養蚕が行われていました。

4f.jpg

 

準5階です。ここも養蚕が行われていたようです。

5f.jpg

 

 

昭和33年に国指定重要文化財となりました。
現在の当主岩瀬さんの語りもなかなか素朴でいいです!

五箇山ICで降り、南へ2分くらいでつきますので

東海北陸自動車道を通過の皆様是非お立ち寄りください。

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

昨日、日本政策投資銀行参事役藻谷浩介さんを

富山空港にお出迎えに行ったところ、

滝田監督の地元の方々が横断幕、のぼり旗等を持って

出迎えておられました。利長くんも来ていました。

写真は、登場1分前のシーンです。

DSCF0532.jpg DSCF0531.jpg

たくさんの奉迎の方々の歓声の中、

藻谷さんを引っ張り出しました。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

富山市内いたち川をさかのぼっています。

雪見橋の次は、「泉橋」です。

泉橋の両側には、その名の通り

左岸に石倉延命地蔵、

isikurajizou.jpg

 

右岸には泉町の地蔵

izumichou.jpg

 

がありそれぞれ清水がわき出ており、多くの方が水をくみに来られます。

江戸末期安政の大地震で富山平野に洪水が押し寄せて

たくさんの方がなくなり供養のために祀られたそうです。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

富山市内のいたち川を歩いています。

月見橋の1つ上流にある橋は、「雪見橋」です。

雪見橋の横には、鱒の寿司「今井商店」があります。

時間によっては、通りから、「鱒の寿司の実演」が見られます。

imaishouten.jpg

 

市の設置した看板によると、雪見橋の由来は、

江戸時代南画家池大雅が、この橋のたもとを訪れ、

雪の立山連峰に感動し、その絵を描いたからとのことです。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

松川を歩く

2009/03/15

富山市内県庁の南を流れる松川では、

晴れた日には、春の花見シーズンを迎えるために

遊覧船滝廉太郎Ⅱ世号の手入れが行われています。

takiren.jpg

 

3月に入り、寒い日が続いておりますが、

果たして三寒四温で徐々に春が近づいているのでしょうか?

春の陽気が待ち遠しい宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

引き続きいたち川を歩きます。

(今回から最新の写真で紹介します。過去の写真も随時最新に更新します。)

雪見橋と月見橋の間にあるのは、豊川町商店街です。

toyokawashouten.jpg

 

 

その豊川町のいたち川沿いには、お地蔵様と水神社が並んで祀られております。

toyokaramizujin.jpg

さすが、1世帯当たり昆布消費額が全国県庁所在市ダントツ1位の富山市です。

いたち川沿いにも昆布店があります。

toyokawakonnbu.jpg konnbu.jpg 

 

北前船が寄港していた木町から数百m上流なので、

ここまで川舟で運んだ名残なのかもしれません。

 

上流には、いたち川の源流、雪を讃えた立山が見えました。

toyokawatateyama.jpg

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

本日、

田中精密工業㈱ ㈱ホンダ自販タナカ Honda Cars 富山さんが

富山県にインサイトハイブリットを贈呈されました。
レトロな庁舎にスタイル抜群のエコカーはとっても似合います。

insight.jpg

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

引き続き富山市街地を流れるいたち川を遡っています。
(写真左)花見橋の次の上流の橋は、「月見橋」です。
(写真右)月見橋上流の、豊川町商店街には、

手頃な値段で寿司が味わえる「えび寿し」があります。

豊川町商店街に住む小林さんによれば、子供の頃、

商店と作業場が一体の店が多く、普段からいろんな職場体験ができた

とのことです。いまでもその名残りが見られます。

tukimihashi1.jpg tukimihashi2.jpg

月見橋は、いたち川に国道41号を通す幅広の橋です。
(写真左)高山市につながるノーベル街道の目印がありました。

(写真右)今は、残念ながら看板が外されております。

tukimihashi3.jpg no-beru2.jpg 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

昨日の続きです。
富山市街地を流れるいたち川をさかのぼっています。
今木橋の次は、「小島橋」です。

写真は、小島橋から下流を眺めています。

ここも都市の中の豊かな水辺空間です。

kojimabashi.jpg

 

 

次の上流には「花見橋」があります。
この上流に雪見橋、月見橋があることから「花見橋」とつけられたそうです。
(写真左)この橋柱は、富山大空襲で、いたち川に焼け落ちていたのを

引き上げたものだそうです。
(写真右)右岸には、質屋さんの蔵も見られます。
hanamihashi1.jpg hanamihashi2.jpg

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

前回(3月6日の)飛越ブログで事務局が紹介していた

木町の浜から松川を下ると、

ほどなく、いたち川と松川の合流地点に着きます。

bunnki.jpg

 

 

そこからいたち川のさかのぼると

まず、今木橋にさしかかります。

今木橋から上流を見ると豊かな水辺空間が見られます。

imakibashi.jpg

 

 

さらに少し上流に向かうと、今木町の延命地蔵があります。

歩道まで屋根が架かっています。

屋根の下で地元の方々が地蔵祭を行うためと思われます。

imakiennmei.jpg

 

 

古い写真ですいません。宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

木町の浜

2009/03/06

富山市街地にはいたち川と松川が流れ、桜の名所にもなっています。

kimati_no_hama.jpg

写真はいたち川沿いの万霊塔です。いたち川と松川の合流するあたり一帯はかつて木町の浜と呼ばれ、江戸時代、舟運の要所となっていたそうです。塔は水死した人々を供養するため江戸時代に建立されたものです。

«カテゴリー名:サポーター通信»

五箇山地方の南砺市赤尾には、合掌造りのお寺「行徳寺」があります。

本堂は、合掌造りではないですが、庫裡が合掌造りです。門も茅葺きです。

gyotokuji2.jpg gyotokuji1.jpg

白川郷荻町も負けてはいません。合掌造りのお寺「明善寺」があります。

ここも庫裡が合掌造りです。荻町最大の合掌造りとのことです。

ここも門が茅葺きです。飛騨古川の大工の作とのことです。

myozennji3.jpg myozennji1.jpg  

 

 

明善寺は、本堂も茅葺きです。

myozennji2.jpg  

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

富山市東町

2009/03/05

higasimati.jpg higasimati2.jpg

 富山市東町にあるますのすし屋さんやそば屋さんの様子です。

富山市東町はかつて多くの料亭が立ち並んでいたとのことです。

鱒の寿司屋さんの看板が歴史を思わせます。

«カテゴリー名:サポーター通信»

akaekawa.jpg

富山市の赤江川です。この川を境に富山藩と加賀藩に分かれていたということです。

akaekawa_zizou.JPG橋のたもとにはお地蔵様が安置されています。

«カテゴリー名:サポーター通信»

越中稲荷神社

2009/03/03

etchu_inari.jpginari_kitune.JPG

富山市の越中稲荷神社についてご紹介いたします。

富山市稲荷町にあり、昨日ご紹介した於保多神社のすぐ近く、旧北陸道沿いの神社です。

歴史のある神社で、狐の石像は巻物をくわえた珍しいものとなっています。飛越協議会事務局でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

ootazinja.jpg ootazinja2.jpg

2月末、富山市は晴天に恵まれました。

写真は富山市於保多町の 於保多神社(おおたじんじゃ) のものです。

菅原道真公を祀る神社で、境内はもう春という風情です。飛越協議会事務局でした。

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

南砺市上梨には、合掌造りの民宿が2軒あります。

左が「弥次兵衛」さん、右が「北ぶら」さん

kaminasiminsyuku.jpg

 

 

合掌造りでの宿泊を体験してみては、いかがでしょう。

ここを拠点に、世界遺産の3集落(荻町、菅沼、相倉)をはしごしてもいいし、

地元上梨の流刑小屋、村上家等の見学をしてもいいと思います。

宮崎でした。

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

南砺市上梨の国道156号線沿線にある

国指定重要文化財村上家です。

murakami0.jpg

 

 

 

南側は、日が当たるせいか雪を溶かす池がありませんが、

murakami1.jpg

 

 

北側は、池があり、屋根の雪が解けています。

斜面を利用して池が段差になっています。

murakami2.jpg

 

 

宮崎でした。

 

«カテゴリー名:サポーター通信»