飛越地域の概要
四つの回廊
飛越お国自慢
飛越市町村情報
ふるさと飛越倶楽部

サポーター通信

■ 2010年3月

氷見市内には、料理の食材をつくる工場が豊富にあります。 

氷見市本町にある焼麩司「大舘屋」さんの工場です。

ootate01.jpg

第一生命の支店だった建物を利用しています。

今回は、なんとあの兼高かおるさんに見学していただきました。

 

ootate02.jpg

親子で麩を焼いています。巻いては焼き、巻いては焼きを2回繰り返します。

 

ootate03.jpgootate04.jpg

兼高さんも興味津々!

 

ootate05.jpg

焼きあがり状態は、1本175cm。これを約100個に切ります。

 

ootate06.jpg

工場の20mほど南の商店街にお店があります。

 

兼高さんからは、

「家族経営で、みんな仲良く作って、売っているのがとても惹かれる。

 また、地元の製造工場と旅館の結びつきの強さも氷見の魅力!」

とのコメントをいただきました。

 

ootate07.jpg

お昼は、永芳閣で煮魚に大舘屋さんの麩を出していただきました。

ウンチクがわかった後の麩の味は、また格別でした。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

3月18日号では、まだ、むしろで雪囲いがあった

南砺市上梨のお地蔵様は、週末(3月27日)には、

囲いが外され、お花が供えられておりました。

jizokaminashi.jpg

五箇山の民家の周りには、いつもお花がたくさん!

下梨集落の旅館「清平館」の女将さんによると、

「仏様にお供えするためだよ」と教えてくださいました。

「自分の家の仏壇の花は自家製」が五箇山のトレンド!

すごい文化です。

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

新湊漁港

2010/03/29

全国的にも珍しい昼市が開催される

土曜日13:00(3月27日)の新湊漁港です。

uchikawa1003291.jpg

紅ズワイガニや、アンコウ、スズキ、タッチョなどが

揚がっていました。

uchikawa1003292.jpg

「日本のベニス」内川の散策も是非お勧めです。

uchikawa1003293.jpg

小腹が空いたら、なつかし系「みなとや」のパンをどうぞ。

なんと!1個60円です。

(日曜日休みなのでご注意ください!)

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

3月27日(土)の南砺市相倉集落です。

aikura01.jpg

前日から約20cmの積雪がありました。

aikura02.jpg

1ヶ月前までは、2mの積雪があったのですが、

今では降ったり、融けたり、徐々に春が近づいています。

aikura03.jpg aikura04.jpg

相倉集落入口にある民宿「勇助」です。

元がすばらしいので、私のような素人でも絵になります。

aikura05.jpg aikura06.jpg

朝は、太陽の光を浴びて、合掌造りの東側から湯気がでます。

西側は、未だ雪が融けていません。

地形の制約を受けない限り、屋根にまんべんなく日光が当たるように、

合掌の「つま」の部分が南北に向いているというのが一般的なようです。

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

本日(3月26日)の五箇山岩瀬家です。

雪模様でした。

iwase032601.jpg

1ヶ月前は、2mの雪が積もっていましたが、

除雪の後や屋根の下以外は、雪もほとんど解けています。

iwase032602.jpg

岩瀬家の前の水芭蕉も咲き始めています。

赤尾館のご主人によると、

これだけ早く水芭蕉が咲き始めるのは

めずらしいとのこと。

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

週末の富山県黒部市にある宇奈月温泉街でのパタパタ祭りの中で

入浴券をもらえるスタンプラリーイベントに参加しました。

unazuki39.jpg

トロッコ電車の宇奈月駅、宇奈月国際会館セレネ、

黒部川電気記念館、無料休憩所「いっぷく処」、

足湯「おもかげ」など、

宇奈月温泉街を巡ります。

 

unazuki40.jpg

無料休憩所「いっぷく処」内にある足湯です。

 

unazuki41.jpg

足湯「おもかげ」です。

 

unazuki42.jpg unazuki38.jpg

温泉街には、スタンプラリーをしにお客様が流れ込んでいました。

 

unazuki43.jpg

しかしながら、商店の方々は、普段どおり。

 

せっかくお客様がたくさん街中を歩いているので、

商店街と一体となった取組みが必要と感じました。

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

鉄道展

2010/03/24

3月20日、21日と

宇奈月温泉街のトロッコ電車の乗り場前にある

宇奈月国際会館セレネにおいて鉄道展が開催されました。

serene01.jpg

予想以上に大掛かりなのビックリ!

 

serene02.jpg

黒部市長さんも新黒部駅(仮称)の完成

モデル模型を真剣に見入っております。

(高架が新幹線、下の線路が地鉄)

 

serene03.jpg

大高建設のユンボ、クレーン模型の

つかみ取りコーナーも

 

serene04.jpg

セレネ前のトンネルを利用しての

サンダーバード、 SLの 乗車コーナーと

鉄道ファンでなくても十分楽しめる 内容となっておりました。

 

宮崎でした。

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

富山県内のあちこちに立山のビューポイントがありますが、

富山市民プールの観客席横からも綺麗に見えます。

taikukan.jpg

3月22日の、

富山市民プールの(山の名称つきの)ガラス越しからみる立山連峰です。

終日、立山連峰がくっきり見え、

前日の黄砂で覆われた空とはうって変わっての快晴でした。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

本日(平成22年3月19日)11時

東海北陸自動車道城端サービスエリア内に

コンビニがオープンするようです。

johanaic01.jpg

こちらもいいですが、さらに奥には、

ハイウエイオアシスがあります。

johanaic02.jpg

(現在地あたりにコンビニがOPENします)

 

ハイウエーオアシス内には、

おむすびが名物のヨッテカーレ城端、

クアガーデン、ホテルなどがあります。

是非こちらもお寄りください。

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

五箇山上梨の国道156号沿いのお地蔵様です。

kaminashi01.jpg

冬の間は、藁の囲いで、雪と寒さから守っています。

kaminashi02.jpg

五箇山に住む方々の暖かさ、やさしさが伝わってきます。

 

直接、やさしさに触れたい方には、下梨集落にある

喫茶「清平」をお勧めします。

simonashi01.jpg

奥様は、五箇山に伝わる昔話の保存に力を入れておられます。

また、旅館も経営!

是非、五箇山にお越しの際は、お立ち寄りください。

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

-高岡市民に「だいぶっつぁん」として、愛されている高岡大仏-

sakasita30.jpg

与謝野晶子さんも

「鎌倉大仏よりハンサム」との賛辞を送ってくださっています。

 

その大仏様が見下ろす参道に当たるのが坂下町です。

 

数年前の坂下町の写真です。

sakasita40.jpg

アーケードと貸衣装屋さんの看板が

大仏さんを隠していたのですが、

 

最近の坂下町の画像です。

sakasita41.jpg

最近、アーケードと貸衣装屋さんの看板が撤去され、

(鎌倉大仏よりハンサムな)顔が遠方からも拝めるように

なりました。

sakasita42.jpg

 

アーケードを撤去したら、

レトロな店が表に出てきました。

sakasita45.jpg

坂下町は、

平成21年10月に「景観づくり住民協定」が

締結され、土蔵造りや、看板建築などの意匠を

尊重することとされています。

 

また、高田卸方屋をはじめ、人形、掛軸の店がたくさんあるのも特徴です。

sakasita43.jpg sakasita44.jpg

うちの天神様も代々坂下町のお店での購入です。

今後の街並みの統一が楽しみです。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

3月13、14日と山町の土蔵造りのまちなみで

雛人形が飾られており、昨日は、荒天にも恵まれ、

たくさんの人が町を歩いておりました。

yamachou40.jpg

西側の通り(守山町周辺)は、

電線が地中化され、街並みもすっきりしました。

yamchou41.jpg

東側のとおりにも徐々に復元が進んでいます。

yamachou42.jpg

太田家では、箏の演奏にうっとり。

格子から見える通りもいい感じです。

yamachou43.jpg

明かり窓があり、奥の部屋も電気がなくても明るいです。

 

ただひとつ気になる点は、通り抜けの車が多い点です。

yamachou45.jpg

通りの左右で人の流れが分断されますし、

車に気を取られ、お雛様に集中できません。

yamachou46.jpg

反対側のお雛様を見たくてもなかなか車の

流れが切れないので渡れません(写真奥の方)。

yamachou47.jpg

狭い歩道区画を背後からの車を気にしながら歩きます。 

最近整備された西側通り(守山町周辺)も、

入ってくる車は、歩道区画に はみ出してきます。

 

「安全なまち、もう一度行ってみたいまち」となるには、

「一方通行」が一番だと思うのですが。

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

射水市新湊内川を「日本のベニス」と絶賛する

日本政策投資銀行藻谷浩介氏は、

放生八幡宮参道の

「無電線化の後も残る電柱」にがっかりしていましたが、

uchihiru.jpg

(藻谷浩介氏と無電線電柱)

 

地元のある方から、

「といっても、夜は綺麗なので見に来るように!」

といわれたので行って来ました。

uchiyoru.jpg

画像では、なかなか出せないのですが、

黄色の街灯が参道をやさしく包んでいました。

 

夜の内川の体験したい方は、

1泊千円で泊まることができる体験施設

「ほうじょうづ」と「さんのう」があります。

この参道の特徴的な家である角切の家です。

問合せは、0766-82-2688まで!

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

平成22年3月10日午前10時頃に氷見市松田江浜で
ボーっと日本海を眺めていました。
2010himi-ottosei.jpg.jpg
龍馬のように遠くシベリアに思いを
巡らせているのでしょうか?
 
2010himi-ottosei2.jpg.jpg
見かけたら暖かく見守ってくださいね。
 
坂下サポーターからでした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

アマンプリンです。

 

aman1.jpg

ひかりがま農園の庄川の伏流水で育った鶏の赤玉子と
福光の医王山の麓で育った牛のおちち
と富山の食材にこだわり丁寧に作られています。

 

今回は、特別に富山スイーツ研究会に試作品を提供いただきました。

aman2.jpg

富山県産水島柿の蜜と、赤玉子のプリンと

呉羽平岡産の茶葉と、医王山の牛乳で作った紅茶プリンの

2作品を提供いただきました。

 

試作品以外は、

インターネットで購入できます

http://item.rakuten.co.jp/beeline/c/0000000119/

 

畠サポーターからでした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

3月8日から、エコ住宅の新築又はエコリフォームにより取得できる
住宅エコポイントの申請受付が始まりました。

富山県の特産品を取り扱う富山県いきいき物産株式会社では、
住宅エコポイントの交換商品として、

富山県産品の4点を交換商品としてご用意しました。

 

1.革張折りたたみロッキングチェア(南砺市・樽夢工房クドウ)

  <150,000ポイント>
 ウイスキー樽を使用した、革張りの折りたたみロッキングチェア。
 酒造メーカーから引き取った使用済の樽を、独自の技術と伝統の職人技で、
 上質の家具に再生した、エコな商品です。
ecojuu01.jpg

(画像右側の椅子本体が交換商品であり
 左側のオットマンは別売りになります。)

 

2.ウイスキー樽製作チェスト南砺市・樽夢工房クドウ)
 <300,000ポイント>

 ウイスキー樽を使用し、表面を削らないでその風合いを活かしたチェスト。
 酒造メーカーから引き取った使用済の樽を、独自の技術と伝統の職人技で、
 上質の家具に再生した、エコな商品です。

 

3.欅一社造り金具(国産総欅使用)欅龍彫神鏡・井波彫仕上げ
 (砺波市・長田神具店) <150,000ポイント>

ecojuu2.jpg

伝統ある井波の技術の粋を生かし、総欅材にて仕上げた手作りの神棚
社殿の基本形とも言える一社造りは、格調ある風格を醸し出します。

 

4.欅参社造り格子戸(国産総欅使用)欅龍彫神鏡・井波彫仕上げ
(砺波市・長田神具店) <300,000ポイント>

ekojuu3.jpg

総欅材にて仕上げた手作りの神棚。金具を使わない仕上げは、
年を経るごとに深みのある色合いをだします。
天然木の自然な風合いが和・洋どちらにも馴染みます。

 

(※ 3,4の神棚の備え付け費用は、別料金となります。)

 

なお、グリーン家電購入により取得できるエコポイントと特産品の
交換も引き続き行っておりますので、あわせてご案内いたします。
写真画像はこちら

http://www.ikiiki-toyama.co.jp/ecopoint/index.html

 

特産食品を住宅エコポイントでも交換可能です

http://search.jutaku.eco-points.jp/index.php

(商品カテゴリー欄は、「各都道府県の地域産品」

 都道府県欄は、「富山県」を選択し、ご覧ください。)

 

☆商品に関するお問合せ:富山県いきいき物産株式会社(℡076-444-7137)へ
☆住宅エコポイントの詳細:住宅エコポイント事務局HP(jutaku.eco-points.jp)へ

«カテゴリー名:サポーター通信»

2010Jリーグ ディビジョン2 第1節第2日「東海北陸ダービー」が
3月7日(日)岐阜メモリアルセンター長良川競技場で開催されました。


dabi03071.jpg

結果は、 FC岐阜 2-1 カターレ富山でした。

カターレ富山は前半に黒部が先制したものの、後半に岐阜FCの嶋田、押谷が
シュートを決め、逆転での惜敗になりました。

東海北陸自動車道の全線開通でさらに近づいた富山と岐阜。
長良川競技場での試合では、

飛騨牛などの岐阜名物・名産が味わえる屋台村が人気なのですが、

今回は「東海北陸ダービー」ということで、ます寿司やシロエビせん
べいなどを販売する富山物産ブースもありました。
dabi03072.jpg

 

また、

岐阜サポーターには富山県特産チューリップ切花が、

富山サポーターにはさるぼぼストラップが先着でプレゼントされました。


今回は、肌寒い雨の天気にもかかわらず、

富山から多数のファン・サポーターが駆けつけ、

開場前から長蛇の列ができました。

新聞によると、その人数は約700人!
地元チームを応援するためにアウェーに行く仲間が増えるのは心強いです。
ゴール裏でみんなで声を出す一体感はなかなか良いものですよ!

 

野村サポーターより

«カテゴリー名:サポーター通信»

3月7日(日)高岡市の伏木中学校で

堀田善衞と伏木紹介パネル」の伏木中学校への贈呈式が行われました。

fusikichu1.jpg

 

作成者の北前船新総曲輪夢倶楽部の会長の成瀬さんから、

生徒会長の水上さんに贈呈式が行われました。

fusikichu2.jpg

このパネルは、

平成20年の神奈川近代文学館で開催された堀田善衞展

平成21年の横浜開国博Y150の富山ウィーク

平成22年の高岡市美術館で開催された

        ジブリが描く乱世。「堀田善衞展」と

巡回展示され、巡回が一段落したところから、

伏木中学校の卒業生等で構成する丁申酉会さんからの要望で、

安住の地として伏木中学校さんへ贈呈の運びとなりました。

 

伏木中学校の能松校長さんも堀田善衞を通じて

生徒に郷土教育を熱心になさっており、敬服いたしております。

fusihichu5.jpg

(写真は、堀田善衞作詞の伏木中学校の歌と能松校長先生)

 

伏木中学校は生徒用の展望室を備えています。

fusikichu3.jpg

3月7日はあいにくの天気でしたが、

展望室からは、伏木の町並み、富山湾が一望できます。

fusikichu4.jpg

堀田少年が見た風景を、伏木中の生徒が眺め、

「広い世界で働こう 広い世界を知りぬこう」

のように世界で活躍することを願ってやみません。

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

岩瀬浜駅

2010/03/05

ポートラムの終着駅の岩瀬浜駅です。

iwase01.jpg

 

水橋方面へのフィーダーバスも乗り換え便利!

iwase02.jpg

フィーダーバスは、だいたい平日1時間に2本、休日1時間1本あります。

iwasebasu02.jpg iwasebasu01.jpg

 

カナル会館までは、歩道が続いています。

民家の窓には、富山で休もう!のシロエビポスターでお出迎え。

iwase022.jpg

富岩水上ラインの発着場からは、ポートラムが見えます。

春の運行時には、ポートラムと富岩水上ラインが

同時にシャッターが切れるので 楽しみですね!

iwase03.jpg

カナル会館内の売店では、なつかしの富山の薬を販売!

iwase04.jpg

みなさまもポートラムの旅をいかがでしょう!

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

 Tokyo himmingを開催します。

新しい"とやま"と出会うパーティーを開きます。観て、聴いて、味わってたんまりと楽しみましょう!

東京近郊在住のお知り合いの方々にお声をかけていただければ幸いです。

■日時 2010年3月19日(金)19:00~22:00 入場料 3000円 定員150人
■会場 3331 ArtsChiyoda 東京都千代田区外神田6丁目11-14旧練成中学校内

 <問い合わせ 090-3886-7669>

himming1.jpg

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

3月2日、南砺市旧平村の「春光荘」にて、

岐阜県飛騨地域2市1村と富山県西部地域6市による

「越中・飛騨観光圏協議会」が設立されました。

kankoken1.jpg kankoken2.jpg

これは、岐阜県飛騨地域と富山県西部地域の観光団体をはじめ、

商工団体、漁業、農業団体、交通事業者など、両地域のさまだまな

業界の関係者の皆様が、観光を軸として、連携・協力をしていく、

新しい枠組みです。

 

会の終わりには、

地元の伝統芸能であるこきりこ踊りが披露されました。

kankoken3.jpg

 

連携の期待と、おもてなしを体験した日でした。

 

富山県観光課T

«カテゴリー名:サポーター通信»

昨日は、ひな祭りでした。

 

私の家では、お雛様にお参りした後、

恒例の山笑楽の蔵出し濁り酒と、

hina1.jpg

白濁ですね。

hina2.jpg

フルーティでとっても飲みやすいです。

 

hina3.jpg

ニューチドリのいちご大福です。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

昨日の富山駅北にあります富岩運河環水公園です。

fugan00.jpg

 

たくさんの水鳥が羽を休めていました。

fugan001.jpg

 

富岩運河のタワーです。

fugan01tawa.jpg

 

どことなくロンドンのタワーブリッジに似ていませんか?

towr.jpg

(ロンドン タワーブリッジ)

 

fugan02.jpg

対岸からみるスタバです。

 

fugan03.jpg

スタバもいつも賑わっています。

環水公園は、近くに住む方にとっては、憩いの水辺になっています。

 

環水公園が、県外のお客様にきていただくためには、

観光カリスマ山田桂一郎氏がいう「選ばれる観光地3原則」の

①個性

②地域性

③創造性

のうち、「地域性」が不足していると思われますので、

funan04.jpg

(写真:牛島閘門)

 

牛島閘門のような地域性を磨いていく必要があります。

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

富山駅北のポートラムは、現在、ホワイトデー仕様の

Love PORTRAMとなっています。

potram40.jpg

奥に見えるのは、北陸電力本社ビル

portram41.jpg

近寄って撮影するとスーパーカーのようです。

portram42.jpg

ちょうどイエローとレッドが入れ替わり

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

室谷食堂

2010/03/02

新湊内川近くにある室谷食堂

murotani1.jpg

自動販売機が玄関にある以外は、

昭和の普通の町屋という感じがしますが、

murotani2.jpg

度胸を決めて中にはいるとご覧のように満席です。

(まるで、香川県の讃岐うどん屋のような雰囲気)

向かいの漁師と思われるおじさんたちは、

缶ビール持込です。

 

murotani3.jpg

名物は、汁中華:大中小があり、写真は汁中華の中370円です。

通な食べ方は、小サイズを2種類注文することです。

murotani4.jpg

汁中華の小280円です(相席のおじさんが注文していました。)。

murotani5.jpg

お好み焼き中260円です。昆布が入っています。

murotani6.jpg

焼きうどん中370円です。

murotani7.jpg

ルールは、

食べ終わった空丼をセルフでカウンターに持っていくだけ

これで、あなたも室谷食堂つぅです!

 

室谷食堂は、大理石の手がある山王橋のすぐ北にあります。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»