飛越地域の概要
四つの回廊
飛越お国自慢
飛越市町村情報
ふるさと飛越倶楽部

サポーター通信

■ 2010年11月

日曜日富山テレビで放送されていた
五箇山の「つけ蕎麦」

五箇山で収穫された食材を温かいダシにプラスし、
蕎麦をそのダシにつけていただくものです。

番組では、「五箇山旬菜工房 いわな」の丹保さんや、

gokasoba01.jpg

(「いわな」の人気商品の岩魚寿司)

 

お食事処 坂出の高田さん

gokasoba02.jpg

(左端が坂出食堂での高田さん)

等若手料理人の方が議論を重ね、レシピを披露し合い、
お互いを高めている姿が映し出されていました(写真とは関係ありません)。

本来、料理人は、なかなか自分のレシピをなかなか公開したがらない
ものですが、地域で連携すると、地域全体のレベルが上がり、
総体としてお客様の満足度が上がります。

富山県内で同様な取り組みは、氷見でも見られますが、

 

先例として、成功した例が由布院です。

yufu90.jpg

(由布岳)

 

1998年に草庵秋桜の総料理長の新江憲一氏が立ち上げた

「ゆふいん料理研究会」。発足当時の会員7名でスタート。
新江さんは、5年間で毎週1回仕事が終わってから

深夜から朝方まで無償で教え続けたそうです。

自分の旅館だけがよくてもだめ、由布院全体の料理の質がレベルアップしなければだめ
というコンセプトで、多彩な食材をテーマに由布院らしい料理を創造。
レシピは3千点になり、今では、旅館約30軒で120人の料理人が参加しているそうです。

 

今や、由布院の料理の質は、みなさまご承知のとおりですね。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

シンプルだけどお気に入りの遊具に、

高岡大和の4階の等身大クジラの遊具があります。

daiwakujira.jpg

約20年前から今も健在です。

「あぶないのでのぼってはいけません」と書いてありますが、

ついつい子供は登ります。

 

また、幼児は、くじらの口の方の傾斜で

胴体の中に吸い込まれる感覚が大好きです。

 

ぐずついた天気が多いこの時期にいかがでしょうか。

 

宮崎でした。

 

 

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

伏木富山港

2010/11/26

新港大橋から望む、新湊大橋とガントリークレーン2機です。

taminal01.jpg

立山連峰も見ることができます。

taminal03.jpg

新湊大橋を下からみると道路がS字カーブを描いています。

taminal04.jpg

現在は、尖塔がもう少しすっきりしています。

taminal05.jpg

宮崎でした。

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

氷見市海鮮館の北側の富山湾に注ぐ上庄川

kitahashi01.jpg

ここは、富山湾で採れた魚を一舟買いして、

kitahashi02.jpg

上庄川を登り、川沿いの加工場へ直接接岸したそうです。

kitahashi03.jpg

加工場跡です。

kitahashi04.jpg

kitahashi05.jpg

kitahachi06.jpg

現在は、トラック等で加工場へ魚を運んでいるようですが、

今でも上庄川左岸には、魚加工場がたくさんあります。

氷見の魚加工場巡りをいかがでしょう。

宮崎でした。

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

12月2日(木)、3日(金)金山総合駅構内において

南砺市の特産品の実演販売が行われます。

栃餅、きのこ、柿、じねんじょ、かぶら寿し、利賀そばなどなど

2日は、12:00~19:00

3日は、10:00~17:00 まで開催しています。

gokayamafes.pdf

また、12月4日(土)、5日(火)には、NHK名古屋放送センタービル1階の

プラザウェーブ21では、五箇山まつりも開催されます。

 

お問合わせは、南砺市商工会まで

TEL-763-82-0184

gohadfes2.jpg

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

11月20日(土)~21日(日)の2日間

富山駅前にありますcicビル5階で、

2010とやまの特産と鉄道展が開催されました。

cic70.jpg

 

県内の着ぐるみも一同に会しました。

cic71.jpg

メルモモちゃんとハットリ君も

cic72.jpg

鉄道模型もたくさん。

cic73.jpg

富山市内の再現もあります。

cic74.jpg

いきいき物産の野村営業課長も特産をPR

cic75.jpg

大盛況でした。

cic77.jpg

富山地方鉄道の模型もあり、ローカル色たっぷり!

宮崎でした。

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

平成22年11月20日の氷見の市場です。

ryou14.jpg

ガンドとフクラギの中間くらいの大きさの

中小のブリがたくさん。

ryou15.jpg

サワラです。

ryou16.jpg

灘浦定置網では、本ブリが揚げられています。

30分前に採ったばかりです。

ryou17.jpg

14kgの本ブリです。でかぃ!

ryou19.jpg

メジマグロも並んでいましたが、完全に脇役です。

ryou20.jpg

本ブリは、大物順に並べられ、セリを待ちます。

ryou22.jpg

パンパンのブリです。

今晩は全体食うぞ!と

ryou23.jpg

魚屋で氷見産のブリ、メジマグロ、スルメイカの刺身を購入!

 

氷見漁港の市場見学は、セリや仲買人さんの

邪魔にならないよう通常は2階からご覧ください。

(今回は、取材で入らせていただきました)

宮崎でした。

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

平成22年11月20日(土)氷見の定置網漁の様子を

特別に見学させていただきました。

ryou01.jpg

最初は薮田沖の定置網です。

ryou02.jpg

定置網のバケット部分がゆっくりと狭まっていきます。

最後は、網ですくいます。

ryou04.jpg

揚げたら即、船の氷の中へ入れます。

鮮度を保つ秘訣です。

次は、灘浦沖です。

ryou06.jpg

こちらはかなり大きい定置網です。

ryou07.jpg

大物のブリが採れました。

ryou08.jpg

漁港に帰るころには、夜も開け、けあらしです。

ryou09.jpg

二上山です。

ryou11.jpg

朝の6時過ぎ、魚を積んだ漁船が氷見漁港に入港します。

ryou12.jpg

セリの様子は、次回で紹介します。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

東京都庁の

 

to30.jpg

北塔の展望エレベーターの降口のすぐ右の

 

to40.jpg

全国PRコーナーにおいて

to33.jpg

11月17日(水)~11月23日(祝)まで

「きときと富山 観光・物産キャンペーン」が開催されています。

to31.jpg

きときと君との記念撮影や、パロを撫でたりするのが

欧米やアジアの方に大人気!

to35.jpg

物産の売れ筋は、

白エビせんべい、鱒寿司、ホタルイカの沖漬け等です。

to36.jpg

11月23日(祝)までです。

きときと君に会いに来てね!

宮崎でした。

 

 

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

富山県・神奈川県交流連携イベントが、

本日から11月30日まで富山駅前のCICビル5階で開催されます。

asano50.jpg

CICビル

 

氷見市薮田の山崎健さん(浅野総一郎を支援した山崎家のご子孫)所有の

浅野総一郎の貴重な資料を展示します。

asano51.jpg

今回初公開のセメント工場で従業員といっしょに撮影した写真や、

asano52.jpg

富山県と神奈川県とのこれまでの取り組み

asano53.jpg

神奈川県の観光PRコーナーなどもあります。

 

横須賀海軍カレーをはじめ、江ノ島たこせんべい、小田原梅など、
神奈川の美味しいものを各種取り揃えております。

 

期間:平成22年11月17日(水)~30日(火)
会場:富山県いきいき物産(富山駅前CiC5階)

是非、お越しください。

渋谷サポーターより

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

氷見漁港近くにある氷見フィッシャーマンズワーフ海鮮館

kaisen20.jpg

朝9時前には、観光客がたくさん。

kaisen21.jpg

まもなく本格的な寒ブリのシーズンになります。

kaisan22.jpg

kaisen23.jpg

 

海鮮館の前からは、

唐島周辺の遊覧船もでています。

kaisen24.jpg

遊覧船の若潮です。

 

海鮮館は、氷見ICから車で約10分です。

営業時間:午前8時 ~ 午後6時

TEL0766-74-7100 

 

宮崎でした。

 

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

CiC5階いきいきKANにおいて、下記のイベントを
開催しますのでお知らせします。
cictetudo01.jpg

とやまスイーツ認定商品10点も限定販売されます。

cictetudo03.jpg

(写真は、とやまかろん)

 

会場内にて鉄道模型(Nゲージ、HOゲージ)を展示し、その周辺を
「駅」に見立てて、ます寿しや菓子、かまぼこなど様々な特産品を
販売します。


日時:平成22年11月20日(土)~22日(月)
    10:00~18:00(最終日は17:00まで)
場所:CiC5階いきいきKAN 多目的ホール

7月に認定されたとやまスイーツ10点を限定販売します。

県内自治体マスコットキャラ(利長くん、家持くん、チューリ君
など)が会場に遊びに来ます。
cictetudo02.jpg

その他、お楽しみ抽選会や地酒があたる輪投げ大会、富山似顔絵
師会による似顔絵コーナーなど、多彩な催しを予定しております。

☆同時開催!☆
富山県・神奈川県交流連携イベント
「神奈川県特産品フェア(併催:九転十起の男 浅野総一郎展)」
期間:平成22年11月17日(水)~30日(火)
会場:富山県いきいき物産(富山駅前CiC5階)
横須賀海軍カレーをはじめ、江ノ島たこせんべい、小田原梅など、
神奈川の美味しいものを各種取り揃えております。

«カテゴリー名:サポーター通信»

先週末は、黄砂が舞っていましたが、

氷見あいやまガーデンに行ってきました。

aiyama80.jpg

エントランス横の歩道です。

 

aiyama82.jpg

黄砂が飛んでいる日でも、富山湾が一望できます。

バラもまだまだ見頃です。

aiyama899.jpg

アイスバーグ

 

aiyama85.jpg

ゴールドマリー'84

aiyama86.jpg

ノックアウト

 

aiayma87.jpg

クイーンマザー

 

aiyama89.jpg

観光客もゆったりと庭園を散策

 

aiyama88.jpg

レストラン内にはクリスマス飾りも

増井社長は、屋外のツリーの作業中でした。

 

この夏OPENの子供広場です。

aiyama83.jpg

 

aiyama84.jpg

落葉広葉樹のじゅうたんの中、はしゃいでみてはいかがでしょう。

 

氷見あいやまガーデンは、能越自動車道氷見北ICから約5分です。

開園時間:9:00~17:00(季節によって変わります)

TEL0766-72-4187

 

 

宮崎でした。

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

砺波市内のチューリップ公園の東端に、

チューリップ四季彩館があります。

sikisai01.jpg

一年中開花したチューリップを見ることができる

国内唯一の施設です。

sikisai02.jpg

奥の冷室の中にチューリップがあります。

sikisai03.jpg

中はご覧のとおりです。

sikisai04.jpg

sikisai05.jpg

sikisai06.jpg

砺波市は、球根の生産量が日本一です。l

sikisai07.jpg

チューリップ四季彩館は、

TEL:0763-33-7716

開館時間:9:00~18:00

休館日:毎週水曜日及び毎月第3木曜日、12月29日~1月3日まで

です。

特に天気の悪い日のお勧めスポットです。

宮崎でした。

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

11月11日の8:30からのNHK「あさイチ」で登場した

黒部市の祖母谷(ばばだに)温泉を紹介します。

黒部峡谷鉄道の終着駅「欅平」から

baba10.jpg

このような人喰岩の下を通り、

baba11.jpg

橋やトンネルをくぐり、約50分歩くと

baba01.jpg

祖母谷川と祖父谷(じじだに)川の合流点に到着します。

 

baba02.jpg

左が祖父谷川(透明な水)、右が祖母谷川(スカイブルーの水)です。

合流してもしばらく混ざらないで流れます。

baba03.jpg

合流地点からすぐのところの祖母谷川沿いに、

たくさん温泉が湧き出ています。

baba05.jpg

祖母谷川の上流です。

baba06.jpg

自分の温泉を掘っている人もいます。

この方は、手堀りです。

baba07.jpg

温泉のある小屋もあります。

baba09.jpg

当然露天風呂も!

祖母谷温泉に行くためには、危険な場所がたくさんあります。

行かれる場合は、必ずヘルメットを着用し、自己責任でお願いします。

bana04.jpg

宮崎でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

新湊観光船

2010/11/11

新湊観光船を紹介します。

海王丸パークからほぼ1時間に1回出港しています。

fune67.jpg

海王丸を離れると、

fune69.jpg

ウミネコがお出迎え

fune70.jpg

かっぱえびせんを持っていると至近距離まで寄ってきます。

かっぱえびせんは、船で購入できます。

fune60.jpg

内川に入ると、

新湊観光船は、各橋を天井スレスレでくぐるので、

スリル満点です。

fune71.jpg

川の駅新湊でも乗ることができます。

その場合、川の駅で予約が必要です。

fune66.jpg

日本各地の遊覧船の中でもかなりベスト3に入る

面白さだと思います。

fune61.jpg

内川の象徴板塀と漁船の横を通り過ぎます。

fune62.jpg

橋をくぐるさいは、みなさん笑顔でスリルを味わっています。

fune65.jpg

ここから右折し海に出ます。

fune68.jpg

天気のいい日には、立山連峰も望めます。

fune63.jpg

台形状の山が立山で、

220mと160mの2本の煙突は、新港共同火力です。

日本のベニスを是非、船からお楽しみください。

新湊観光船は、TEL0766-82-1820

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

新湊内川で週末開催されました十楽の市での

大漁旗に感動したので紹介します。

hata21.jpg

内川を通り抜ける風を受け、時折、なびきます。

hata22.jpg

旗それぞれの色も鮮やかです。

hata23.jpg

ステンドグラスの神楽橋も今日は大漁旗を纏っています。

hata24.jpg

中新橋と漁船です。

hata25.jpg

旗を纏った神楽橋を通り抜ける観光船です。

hata26.jpg

川の駅の2階デッキからも旗がなびきます。

その下を通り過ぎる祖母と孫

hata27.jpg

川の駅から神楽橋、中新橋を望むシーン。

内川に旗がなびく様子は、十楽市の日や、10月1日、正月などに見られます。

 

これらのシーンを見ると

イベントの主催者と、漁協、漁師さんの仲がうまくいっているということがわかります。

hata20.jpg

まちの魅力は、いがみ合うことでなく、協力し合うことによるということが

あらためて思い知らされました。

宮崎でした。

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

11月5日号でご案内しました

越中・飛騨観光圏五箇山総合案内所の開所式の様子の

写真をいただきましたので、ご紹介させていただきます。

annaisho20.jpg

越中・飛騨観光圏の9市村の市長様や、

富山県の五十嵐局長、岐阜県から古田局長にご参加いただき、

看板の除幕式が執り行われました。

annnaisho21.jpg

案内所の入口です。

annnaisho23.jpg

9市村のパンフレットや

annnaisho22.jpg

ポスターを展示

annnaisho24.jpg

こきりこが披露されました。

越中・飛騨観光圏五箇山観光総合案内所

TEL0763-66-2468

午前9:00~17:00

http://www.shokoren-toyama.or.jp/~gokayama/top.htm

世界遺産菅沼集落と相倉集落の

ちょうど中間地点の南砺市上梨集落にありますので、

是非お立ち寄りください。

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

11月7日(日)射水市内川で第2回目の十楽の市が開催されました。

juraku20.jpg

往時の内川をほうふつさせるくらいの賑わいでした。

渡辺家の蔵も内川亭としてOPEN!

juraku21.jpg

川の駅にも大漁旗がなびいていました。

juraku22.jpg

中新橋と大漁旗です。

juraku23.jpg

勤労者青少年ホーム前ではライブも

juraku24.jpg

観光船と渡辺家の板塀です。

juraku25.jpg

主催の皆さま大変おつかれさまでした。

このイベントにより住民の皆さまが、

内川について見直していただけるきっかけとなったと思います。

 

宮崎でした。

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

昨日の射水JCさんの主催の講演会で、

日本政策投資銀行藻谷浩介氏から新湊内川について、

「内川が『日本のベニス』から、ベニスが『ヨーロッパの内川』と

 言われるくらいに!」とハッパをかけられておりましたが、

その内川周辺で、11月7日(日)に「内川十楽の市」が開催されます。

juraku01.jpg

日時:11月7日(日)10:00~15:00

場所:川の駅新湊から勤労者青少年ホームまでの間

参加店:漁師さんの浜焼き、高岡コロッケ、氷見牛、かぶす 等

http://www.mizubenomachi.jp/event/2010/10/post.html

juuraku02.jpg

また、前日には、前夜祭も開催されます。

日時:11月6日(土)18:00~

場所:川の駅新湊神楽橋付近

juuraku05.jpg

問い合わせは、NPO水辺のまち新湊0766-82-2668まで。

juuraku04.jpg

本当に「日本のベニス」か?一度是非確かめに来てくださいね。

 

宮崎でした。

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

本日、11月5日(金)に南砺市五箇山上梨地区に

annai20.jpg

越中・飛騨観光圏五箇山観光総合案内所がOPENします。

annnai21.jpg

合掌造りの家を改修して作られております。

annnai22.jpg

奥には、圏域のポスター、パンフ等を展示しているスペースもあります。

annnai23.jpg

ささらも展示

11月3日に内見させていただきましたが、

OPEN前にも関わらず、お客様が訪れていました。

 

①ここ上梨地区には、

 重要文化財村上家、五箇山豆腐、地酒「山笑楽」酒蔵等があり、

②庄川の川向かいの田向地区には、

 流刑小屋、羽馬家、五箇山荘等があり、

見どころ楽しみどころがいっぱいです。

 

世界遺産相倉、菅沼の両集落のちょうど中間に位置し、

とっても便利です。

 

越中・飛騨観光圏五箇山観光総合案内所

TEL0763-66-2468

午前9:00~17:00

http://www.shokoren-toyama.or.jp/~gokayama/top.htm

 

①東海地方からお越しの方は、五箇山や、富山県西部地区の

②金沢方面からお越しの方は、五箇山や、飛騨地域の

耳よりロコ情報をコンシェルジェの方から是非入手いただき、

「いまだけ、ここだけ、あなただけ」の観光をお楽しみください!

 

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

紅葉の五箇山

2010/11/04

昨日(11月3日)、午後から雨が上がるとのことで、

南砺市五箇山の紅葉狩りに行ってきました。

sugaaki00.jpg

菅沼集落対岸の山の紅葉です。

sugaaki01.jpg

菅沼集落内も午後から雨が上がり、お客様も回復!

sugaaki02.jpg

合掌造りも雪囲いで冬支度です。

sugaaki07.jpg

北家の軒下は、干柿で雰囲気を盛り上げてくれます。

sugaaki06.jpg

富山国際大学の学生さんがアンケートを取っていました。

sugaaki03.jpg

合掌造りに山肌の紅葉が映えます。

sugaaki04.jpg

奥にかすかに見えるのが袴腰山です。

sugaaki05.jpg

たいらスキー場近くからみた国道304号と

高落葉山山麓の紅葉です。

sugaaki08.jpg

城端へ下る旧道沿いの紅葉です。

日が当たれば最高なのですが‥。

 

宮崎でした。

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

ひみ自然薯生産組合(JA氷見市八代支所)さんから、

氷見市八代産の自然薯が初出荷されました。

jinen.jpg

昨日(11月1日)、

藤で有名な地元の「磯辺神社」新嘗祭でも供えられました。

粘り気たっぷりの氷見の特産自然薯をいかがでしょう?

宮崎でした。 

«カテゴリー名:サポーター通信»

秋明菊

2010/11/02

例年、9月下旬~10月初旬が見頃を迎える秋明菊(しゅうめいぎく)が、

ようやく見頃を迎えました。

syumei01.jpg

約1カ月の遅れの開花でした。

syumei02.jpg

ピンクの秋明菊です。

syumei03.jpg

白の秋明菊です。

 

夏から初秋にかけての高温が

秋にも影響を及ぼしているのでしょうか。

 

そういえば、柿の実りも今年は悪いです。

 

宮崎でした。

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

あんばやし

2010/11/01

富山市県庁前にある囲炉裏「醸家(じょうや)」さんでは、

富山県の子供であれば、だれでも体験したことのある

「あんばやし」が体験できます。

(ただし、富山県内でも「あんばやし」と表現する地区、

 「味噌こんにゃく」と表現する地区とわかれているようです。)

20101030181748.jpg.jpg

村祭りの際、露天で、ルーレットを回して出た目の

数だけ串で刺した味噌こんにゃくの個数をGETできるものです。

醸家さんでは、ナベブタを改良してルーレットを作ってあります。

また、今がシーズンのカマスの一夜干しも是非ご賞味ください。

20101030182611.jpg.jpg

また、カウンターに仕込中の入善ジャンボスイカ酒があったので、

20101030174112.jpg.jpg

特別に試飲させてもらいました。

20101030180234.jpg.jpg

醸家さんは、県庁前公園から北へ徒歩すぐです。

076-433-8100

宮崎でした。

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»