飛越地域の概要
四つの回廊
飛越お国自慢
飛越市町村情報
ふるさと飛越倶楽部

サポーター通信

■ 2010年12月

富山県随一の温泉地「宇奈月温泉」では、

最近新たな取り組みが始まっています。

宇奈月グランドホテルでは、

古い角質を食べるフィッシュテラピーや、

uazuki40.jpg

 五箇山和紙の人形体験や、

unazaki42.jpg

かまぼこ体験コーナーを作り、

手軽に富山を堪能できる工夫がされています。

unazaki41.jpg

 また、宇奈月グランドホテルの卓球台の横には、

お手製「あられ」で作った花が正月の雰囲気を盛り上げています。

unazaki43.jpg

 宇奈月ニューオータニでは、

車の雪や、凍結を溶かすための温泉水の蛇口があります。

 

宇奈月温泉のちょっとした工夫に触れてみてはいかがでしょう。

宮崎でした。

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

かぶら寿司や、

gin03.jpg

富山干柿など

gin02.jpg

年末の富山の特産品が購入できる富山駅前CIC5階の

富山県いきいき物産(株)では、

gin01.jpg
本県へ旅行に来ていただいた中国人の方が、
現金を持たず手軽にお土産品の購入ができる
「銀聯カード」を12月29日から導入しました。

gin05.jpg

銀聯カードとは、

中国の中国人民銀行の主導で2002年に設立された

決済ネットワークであり、決済すると、
利用している銀行の残高から代金がすぐに引き落とされる仕組みです
(デビット方式)。
銀聯ブランドのカードは現在約21億枚(2010年1月末現在)
発行されており、中国で最もよく使われるカードです。
なお、東京店(東京アンテナショップ「いきいき富山館」)に
ついては、平成23年1月の導入を予定しています。


«カテゴリー名:サポーター通信»

年越し蕎麦の恋しい季節になりました。

蕎麦と言えば、

富山市岩瀬の大町通りにある「丹生庵」のお蕎麦です。

nyuan01.jpg

自己申告で冷蔵庫から満寿泉を200円で

いただくことができますので、是非、ライトレールでお越しください。

nyuan02.jpg

マスターのドラムとピアノが聞ければ、

貴方も師範代

宮崎でした。

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

中島閘門

2010/12/27

富山市内を南北に巡る富岩運河のほぼ中間地点に

中島閘門があります。

nakajimako01.jpg

方式は、パナマ式運河と言われています。

nakajimako02.jpg

 昭和の土木構造物では全国で初めて国の重要文化財 !

nakajimako05.jpg

操作所内にある操作盤は、

一見すると木の上に漆が塗られているようですが、

nakajimako06.jpg

実は、大理石制

nakajimako04.jpg

家族で住みこんでいたので、浴槽などもあります。

nakajimako07.jpg

富岩運河では、木材を引き上げやすいように、

土手にアールがかかっています。

富山の近代遺産に触れてみてはいかがでしょう。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

射水市新湊分庁舎の塔に特別に許可をいただき、

登らせていただきました。

shobo02.jpg

奈呉の浦一面に黒瓦の波が広がります。

shobo01.jpg

いらかの切れ目が内川です。

shobo03.jpg 

三日曽根の山倉が周囲より若干高くなっているのがわかります。 

shobo04.jpg

新湊大橋がいらかの中を蛇行して泳ぐ龍のようです。

shobo05.jpg 

宮崎でした。

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

中国の干柿

2010/12/24

中国上海市内の八百屋です。

hoshigaki20.jpg

富山干柿は、吊るして干しているのですが、

中国の干柿は、潰してあります。

hoshigaki21.jpg

重量1斤=500g=12.8元なので、約170円くらいです。

富山干柿は、日本では、約350円なので、

1個に換算すると、約10分の1の値段でしょうか。

富山干柿を輸出するとすれば、売値は2~3倍となるで、

桂林の干柿と差別化を図るかが課題です。

宮崎でした。

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

上海市にあるおしゃれスポット「新天地」

shanhaiantena49.jpg

その西に隣接するGLジャパンプラザ内の

富山県上海アンテナショップにおいて

shanhaiantena50.jpg

富山県産のりんごが、販売されました。

shanhaiantena47.jpg

値段は48元と38元の2種類。

shanhaiantena51.jpg

38元のりんごの試食の後のアンケートによると、

全員が「美味しい」との回答をいただきました。

来場したお客様のうち、

見栄っ張りな上海の方は、彼女へのプレゼントにと

高い方を買っていかれる方や、

日本の方は、蜜が入っているのはどちら?と確認して

購入されます。

欧米人は、珍しくないせいか買いません。

また、

「上海の某日系デパートで以前買ったら、

 中がボソボソでそれ以来何年も買っていなかったが、

 ここで試食したら美味しかったので買います」と

いって買っていただいた上海のお母様も。

shanhaiantena48.jpg

味はお墨付きを得ましたので、

値段と安定的に入れることができるかが課題。

sahhaiantena53.jpg

今回は生産者のサカタニ農産の奥村代表も

現地に出向きPR。

 

本格的人口減少の時代に突入し、

地元富山だけで商売していたら、じり貧となります。

 

とかく「内向き」な生産者が多いといわれる富山ですが、

県外に積極的に出て行った越中富山のくすり売りの

DNAがまた活発化するかどうかが、

今後の富山県の発展にかかっています。

 

宮崎でした。

 

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

映画「武士の家計簿」が上映中ですが、

幕末の生活の様子がよく表現されています。

kakeibo03.jpg

(ロケ地となった滋賀県近江八幡八丁堀)

 

江戸時代の約270年間は、
加賀百万石=武家文化=華麗で気品があるというイメージ先行から、
実は、「幕末の武士は、大変貧乏した」という歴史的事実が、
初めて皆さまに伝わったという意味では、画期的な映画だと思います。

 

また、映画では出てきませんが、
新潮社から出版されている磯田道史著の「武士の家計簿」には、
高岡市伏木の廻船問屋「太田屋」に嫁ぐ武家の記述もあります。
武家の衰退と、それに代わり台頭する商人、農民の様子もわかってきます。

kaieibo01.jpg

(伏木廻船問屋「旧秋元家」)

 

明治時代になり、武家で没落せずに残ったのは、
映画の猪山家のようにうまく明治政府の役人になった家や、
うまく職業転換に成功した家など本当にまれなため、
残念ながら金沢には、

武家屋敷で今も残っているのは2軒くらいしかありません。

 

ちなみに、
長町土塀の武家屋敷跡「野村家」も、武家屋敷ではなく、

実は、大聖寺藩の北前船の廻船問屋「久保彦兵衛」の家を移築しています。


kakeibo04.jpg

(金沢野村家跡)

 

「武家文化」すごいなーとして

一部観光客(特に欧米人)が誤解して見ている「謁見の間」も
船問屋が大聖寺藩主を自宅に招くための部屋です。

kakeibo05.jpg

(野村家跡の由緒)

武家の庭園はすごいなーとして一部観光客が見ている庭も

船問屋が造営したと思われます。

その証拠に北前船で運んできた笏谷石が使用されています。

kakeibo06.jpg

(野村家跡の庭園)

 

映画の主人公の猪山家は、

加賀十村(つまり豪農の家)の喜多家が撮影場所でした。
http://bunka.nii.ac.jp/SearchDetail.do?heritageId=110634

金沢の武家の衰退は、
信長、秀吉、家康と、この先天下をとるべき人を見極めるセンスに
非常にたけていた前田家(越中の佐々は信長に固執し、早々に失脚)が、
幕末に唯一判断を誤り、徳川方についてしまったことが原因の一つでした。
(「武士の家計簿」にもそのことが現れています。)
もし、薩長についていたら、武家屋敷も萩のようにたくさん残ったでしょうし、
今頃は、政令指定都市になっていたかもしれません。

kakeibo02.jpg

(萩の武家屋敷口羽家。バス運送業に転換し、成功したため残った)

 

これを機会に是非、映画と本をご覧ください。
宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

富山県のパワースポットと言えば、

立山雄山山頂や剱岳が有名ですが、

冬季は登ることができないので、

麓から山のパワーを感じる場所をご紹介します。

 

上市町の伊折橋から早月川を遡り望む剱岳です。

iori30.JPG

是非、伊折橋に立ち、

剱岳から前方に伸びる早月尾根を伝い、

早月川を下り、橋の上を横切っていく

霊気を大地から感じてみてください。

iori31.jpg

剱岳と早月尾根です。

iori32.jpg

向かって右側の小窓側を見ると険しさがよくわかります。

iori33.jpg

日本にも、

こんなに人を寄せ付つけないように堂々とした

山があるんだと改めて感じます。

宮崎でした。

 

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

昨日、黒部(生地)へ行ってきました。
目の前にトキメキ君がいたので携帯で取りました。
 
tokimeki12gatu.jpeg
望遠機能がわからなかったのでわかりずらいですが・・・
金子サポーター

«カテゴリー名:サポーター通信»

日本のベニス新湊内川に

金沢からのお客様をご案内しました。

saketuri01.jpg

内川と平行に伸びる新町商店街では、

鮭の吊るされる風景が今年も見られました。

saketuri02.jpg

魚源商店さんです。

saketuri03.jpg

銅板の看板の能登三商店です。

saketuri04.jpg

 

saketuri05.jpg

「みなとや」では、

saketuri06.jpg

60円の懐かし系パンを購入

saketuri07.jpg

川の駅新湊では、ヘルシーな食事や、野菜を販売しています。

金沢のお客様は、野菜をごっそり購入していかれました。

 

新町商店街では、寒の入り後は、寒餅の吊るされる風景が見られます。

 

宮崎でした。

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

富山駅北にある富岩運河の夜景です。

fuganyakei01.jpg

雨の夜は、ライトが反射して明るさが増すのでお勧めです。

fuganyakei02.jpg

30分に1回の滝の時間になるとこんな感じになります。

fuganyakei04.jpg

豪雨ではありません。

fuganyakei03.jpg  

 橋の両側の展望台に登って赤い糸電話も

是非楽しんでください。

宮崎でした。

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

白川郷・五箇山を考えるシンポジウムが開催されます。
 
~地域づくりとは~
地域づくりとは.jpg
 日時:12月13日(月)午後1時30分~
場所:重文 村上家(南砺市五箇山上梨)
◆入場◆ 無料!
講師
西村幸夫氏(東京大学教授・日本ICOMOS国内委員会委員長)
森まゆみ氏(作家・エッセイスト)
山本玲子氏(全国町並み保存連盟)
◆シンポジウム◆ 講演
午後1時30分~4時
西村幸夫氏 『世界遺産とまちづくり』
森まゆみ氏 『歴史のまちで暮らす』
山本玲子氏 『各地の町並み保存運動から』
◆懇談会◆
午後5時30分
森まゆみさんと山本玲子さんを
囲んで開催
場所:赤尾館  会費:5000円
<TEL 090-2372-6473>

 

主催:世界遺産合掌街道実行委員会


 

«カテゴリー名:サポーター通信»

先週末の高岡古城公園です。

shotoukojo01.jpg

造成時の姿をそのまま残す濠には、l水鳥が羽を休めています。

shotojojo03.jpg

まもなく北から1年ぶりにやってくる友を待つ古城公園の

白鳥というところでしょうか。

shotokojo02.jpg

宮崎でした。

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

12月4日(土)、5日(火)に、

NHK名古屋放送センタービル1階の
プラザウェーブ21で開催されました「五箇山まつり」の様子です。

 nhknago02.jpg

ステージでは、麦屋節
nhknago01.jpg

こきりこ「ささら踊り」

nhanago04.jpg 

こきりこ踊り体験

nhknago03.jpg

 

といちんさ

nhknago05.jpg 

などの五箇山民謡が披露されました。

和紙の干支人形の絵付けや、

nhknago06.jpg
ささらづくり体験も実施されました。
nhknago07.jpg
特に名古屋近辺のお客様に大勢おいでいただき、
本当にありがとございました。

 
 

«カテゴリー名:サポーター通信»

日本のベニス新湊内川に新たなスポットがOPENしました。

内川散策する上で、ちょうど川の駅の中間に位置し、

お休み処としては、一番いい場所にできました。

douzo01.jpg

場所は、内川の原風景板塀の鞘の中です。

douzo02.jpg

この板塀の中です。

douzo05.jpg

茶処「DOUZO」です。内川の景観に配慮して

入口には、看板や、昇り旗などを置いていません。

douzo04.jpg

土蔵を入るとガラス玉の浮きが迎えてくれます。

コンセプトは、ありのままの土蔵を見ていただくという

ことを徹底しているようです。

douzo07.jpg

3つある土蔵の1つが茶処「DOUZO」です。

13の新湊曳山の模型や、

douzo06.jpg

天馬舟の模型、

douzo08.jpg

晴着を使用したのれんなど、

北前船や、漁師まちの新湊の文化にも触れることができます。

douzo09.jpg

チーズケーキは、自信作

douzo10.jpg

コーヒーと一緒にゆったりとした時間を過ごしてみては

いかがでしょう?

douzo12.jpg

オーナーは、

名門「渡辺八三郎」を継ぐ渡辺八重子さん。

douzo11.jpg

内川を散策しても入れるところが少ないという要望に、

自分の家の土蔵を改装して、応えていただきました。

「そのまま、今のままの姿がいい」というコンセプトです。

是非、渡辺さんとおしゃべりし、渡辺さんの思いに触れてみて下さい。

宮崎でした。

 

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

旧富山大和がある場所に建設される再開発ビル
daiwam02.jpg

(旧西武屋上から見た旧富山大和)

「RIA」、隈研吾さん、三四五建築研究所の共同体が基本設計者となりました。
交差点に合わせカーブの外壁でガラスを多用とのことです。

最近の隈研吾さんは、

北上川運河展望台

daiwam11.jpg

 

亀老山展望台

daiwam12.jpg 

等の「消える建築(スカイラインを邪魔しない)」や、

 

ONE表参道のような

daiwam13.jpg

木などの自然素材を多様したりして、

オブジェクトをやめ、周辺の景観に合った作品をてがけておられます。

一方の富山大和は、

70年以上も富山市民の晴れの舞台として

今も市民の心に刻まれています。

daiwam01.jpg

(路面電車と旧富山大和)

daiwam03.jpg

(旧富山大和の食堂)

daiwam04.jpg

(旧富山大和の7階ベンチ)

daiwam05.jpg

(旧富山大和のエスカレーター)

daiwam06.jpg

(旧富山大和のエレベーター)

daiwam07.jpg

(旧富山大和の階段と休憩に向かう店員)

daiwam08.jpg

(旧富山大和の階段のレトロなランプ)

daiwam09.jpg

(旧富山大和の意匠)

これから内部の設計も始まると思いますので、

その市民の心の景観にあった作品となるか?

どう歴史をデザインに盛り込むか?

さらに、空襲をくぐりぬけ、奇跡的に現在まで存在しているという

歴史の重みをどう活かしていくか、隈さんのセンスに期待!

http://www.hietsu.jp/2009/12/post-260.html

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

 ご家庭でグリーン家電を購入され、
エコポイントをお持ちのみなさま、使い道はお決まりですか?
富山県の特産品を販売しております富山県いきいき物産(株)で
は、富山の美味しい味覚の詰め合せなどのエコポイント交換商品を
ご用意しております。
(http://www.ikiiki-toyama.co.jp/ecopoint/
 
エコポイントのお持ちの方は、
ぜひ富山県の特産品との交換をご検討ください。
また、ご親戚・お知り合いでエコポイントをお持ちの方がいらっ
しゃいましたら、
富山県の特産品との交換をおすすめいただけると幸いです。

<富山県いきいき物産株式会社>
富山市新富町1-2-3 CiCビル5階いきいきKAN
TEL:076-444-7137
ホームページ:http://www.ikiiki-toyama.co.jp/

«カテゴリー名:サポーター通信»

 五箇山が

12月3日(金)11:30~
NHK名古屋放送局の情報フレッシュ便「さらさらサラダ」にも登場します。
中京圏の方は、ご覧くださいね(富山では視聴できません)。
http://www.nhk.or.jp/nagoya/salad/

nhkgoka02.jpg

また、

12月4日(土)、5日(火)には、NHK名古屋放送センタービル1階の
プラザウェーブ21では、五箇山まつりも開催されます。
gokayamafes.pdf 

さらに、本日から、3日(金)まで、

金山総合駅構内において
南砺市の特産品の実演販売が行われます。
栃餅、きのこ、柿、じねんじょ、かぶら寿し、利賀そばなどなど
2日は、12:00~19:00
3日は、10:00~17:00 まで開催しています。

nhkgoka01.jpg

(かっぱの赤カブ)

«カテゴリー名:サポーター通信»

新幹線の工事中の富山駅です。

P1040797.jpg

(連絡通路からの眺め)

 

仮ホームから北口を見ると特に左側のビルの上のラインが

そろっていて、気持ちがいいです。

P1040801.jpg

仮ホームのおかげで、

ビルのスカイラインが綺麗にそろっていることを再認識しました。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»