飛越地域の概要
四つの回廊
飛越お国自慢
飛越市町村情報
ふるさと飛越倶楽部

サポーター通信

■ 2011年8月

本日、NHK富山放送局で、初のドラマ制作となる、

富山発スペシャルドラマ「港町相撲ボーイズ」の制作発表がありました。

minatomachisumo.jpg

主役は、林隆三、

出演は、加藤 虎ノ介、酒井若菜

脚本は、宮村優子

ドラマは、伏木で行われている「伏木場所大相撲」がモデル。

北前船ゆかりの地伏木の

還暦を過ぎても少年の心を持った方々の人情に触れてみてください。

 

放送予定は、NHK総合(東海北陸地区)で、

12月16日(金)夜7:30~8:43です。

 

宮崎でした。

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

富山県入善町の特産「入善ジャンボ西瓜」。

大きいもので22~23kgあります。

janbo01.jpg

10数年ぶりにじっくり見てみると、以前より、丸くなっています。

以前は、もっと楕円形でした。

JAみな穂の本多課長によると、

年々品種改良が進み、丸くなったとのことです。

 

さらに2つに割ってみると、

以前は、白い部分が多かったけど、

赤い実の部分が増えていました。

これも品種改良が進んだからだそうです。

janbo04.jpg

包丁と比較しても大きさは相変わらず大きいです。

糖度も、(品種改良が年々進み)以前より増しているそうです。

 

現在は、出荷のピーク。 janbo02.jpg

重さごとに分けられています。

janbo03.jpg

入善町内の各出荷場には、農家から持ち込まれ、

発送するだけになったジャンボ西瓜が並べられていました。

 

さらに農家の道又さんのスイカ畑を見学させていただきました。

janbo05.jpg

25kg超の大物も明日の早朝の出荷に向けて、

太陽の光を十分に浴びで、

最後の追い込みで、 糖度を増している最中です。

janbo06.jpg  

しばらく、入善ジャンボ西瓜を食べていない方は、

是非、品種改良が進んだジャンボ西瓜を

過去の記憶と、食べ比べてみてください!

宮崎でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»

飛騨街道の出発地の近く富山市大田口通りにある大喜本店

taiki01.jpg

富山ブラックの発祥の地です。

1947年創業。

富山大空襲の復興の方々が汗で失われた塩気を取るために
しょっぱくしたとも言われています。

taiki02.jpg

店の中は、往時の面影を残しています。

 

中華そば(富山ブラック)は、
taiki03.jpg

しょっぱさは、健在!
麺は太麺、ネギ、胡椒、チャーシューの破片がたくさん入っていますので、
男性的なラーメンです。

初めての方は、びっくりしますが、なぜかもう一度挑戦したくなるラーメンです。

水曜休み、営業時間11:00~20:00です。

宮崎でした。

«カテゴリー名:サポーター通信»

富山県の漁業実習船、「雄山丸」が7月31日、最後の航海を行いました。

oyama01.jpg

県庁自主研究グループ「北前船新総曲輪夢倶楽部」では、

県教委と共同で、富山県内の小学生に富山湾や、航海について

知っていただこうとして、毎年、雄山丸をお借りして「ゆめ航海」事業を行ってきました。
oyama05.jpg

(昨年のゆめ航海の様子)

oyama04.jpg

この事業も7月10日をもって最後となりました。


oyama03.jpg

昨年の雄山丸)

 

oyama02.jpg

 

(今年の雄山丸)

 

毎年、雄山丸に乗っていると、伏木富山港の変遷もよくわかります。

 

「雄山丸」は、

2002年から、県内水産科の高校生がマグロ漁などの漁業実習に使ってきた
富山県の漁業実習船です。10年足らずで、手放すのはもったいないような気がしますが、
今後、高校の実習は、小型船を使って日帰り近海での漁業実習となるとのことです。

oyama06.jpg

飯澤船長をはじめ、乗組員の皆様本当にお疲れ様でした。

 

「雄山丸、さようなら!さようなら!さようなら!」

宮崎でした。

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»