飛越地域の概要
四つの回廊
飛越お国自慢
飛越市町村情報
ふるさと飛越倶楽部

サポーター通信

■ 2013年12月

11月24日(日)にJ2リーグ最終戦、カターレ富山対FC岐阜が富山県総合運動公園内陸上競技場(カターレ富山のホームスタジアム)で開催されました。

そこで、富山・岐阜交流ブースが出展されました!

(ちなみに、飛越協議会の事業ではなく、富山県と岐阜県による事業です。)

 

ブースの様子はこんなかんじです。

251114koryu.jpg

 

まだ人が来る前なので、ちょっと寂しく写っちゃってますが...。

 

富山県と岐阜県は、平成20年7月5日の東海北陸自動車道全線開通日を記念して、毎年7月5日を「富山・岐阜交流の日」と定め、いくつかの交流事業を行っています。

カターレ富山対FC岐阜戦での交流ブース出展もその一環で、ホームとアウェイで各1戦するので、年に2回行うことになります。

 

ブースでは、主に観光パンフレットを並べ、こられた方にお渡ししています。

今年はこんな感じで並んでいました。

 

251114koryu2.jpg

 

25koryu3.jpg

岐阜県側は、さるぼぼとみなものぬいぐるみがありますね。かわいい。

 

さて、この日は、パンフレット配布に強力な助っ人が2人(?)いました。

まずは、とやま特産大使さん!

 

251114koryutokusan.jpg

美しい。

積極的にパンフレットの配布をされていました。

この方がパンフレットを配っていると、男性がよってこられて、パンフレットを自らもらっていかれるという現象が。(ついでのように?写真も撮っていかれます。)なんて強力な味方。

 

そして、きときと君。

251114koryukitokito.jpg

この日は、交流ブースのすぐ近くできときと君の名刺を配り、新幹線の開業をアピール。(これが本来の仕事です。)

やっぱり子供たちに人気でした。(中には、元気すぎて、叩いたり蹴ったりしてしまう子も...。よいこのみんなは、たたいたりしないでやさしくしてあげてね。)

 

この日は特別に、飛騨牛などの岐阜の食が堪能できるブースが並んで設置され、にぎわっていました。(岐阜県での試合では、富山の味覚が味わえるブースが出ます!)

もちろん担当者は、富山の味も岐阜の味もしっかりいただいてきました。

おいしかった!

 

今シーズンのJ2の試合は、この日で終了でした。

来年のJ2の試合でも交流ブースが出展されると思われますので、足を運んで見られてはいかがでしょう?

両県の味覚が楽しめるうえに、観光情報も手に入りますよ!

 

 

 

 

 

 

 

«カテゴリー名:サポーター通信»