飛越地域の概要
四つの回廊
飛越お国自慢
飛越市町村情報
ふるさと飛越倶楽部





一位一刀彫(高山市ほか飛騨地域)
一位の木を使用した飛騨を代表する彫刻で、色をつけず、木肌の美しさをそのままに、木の持つ本来の美しさを最大限に引き出す彫刻です。

トマトジュース(高山市〈丹生川〉)
丹生川町で採れた完熟トマトを原料に、塩分をひかえたトマトジュースです。

飛騨牛(高山市〈清見〉ほか飛騨地域)
飛騨人のやさしい心で育てられる黒毛和種牛は、肉質の良さ、柔らかさなどブランド肉として高い評価を得ています。

けいちゃん(高山市〈荘川〉)
若鳥の味噌漬けを真空パックにしたもので、キャベツ、タマネギなどの野菜と一緒に炒めて食べます。
年齢を問わずご賞味いただけます。

まゆびな人形(高山市〈一之宮〉)
一之宮町で行われる飛騨生きびな祭りにちなんだ、まゆで使ったひな人形です。

飛騨桃・飛騨りんご(高山市〈国府〉・飛騨市〈古川〉)
北アルプスからの清らかな水と清涼な空気のもとで育てられた飛騨桃は、甘味がすばらしく、寒暖差の激しい奥飛騨の気候風土が生み出した飛騨りんごは、歯触りと味の良さが天下一品です。

天然湯の花(高山市〈上宝〉)
家庭でも温泉気分が味わえる、温泉地奥飛騨ならではの湯の香うれしい天然の湯の花です。

飛騨春慶塗(高山市、飛騨市〈神岡〉)
春慶塗の歴史は古く、かつて飛騨一帯を治めていた金森氏の御用塗師 成田 三右衛門によって始められたと伝えられています。由緒ある伝統技法を用いた優雅で独特の趣を帯びた木工作品で、透漆で仕上げ、木肌の持つ美しさをそのまま活かした漆器です。

味噌煎餅(飛騨市〈古川〉)
一枚一枚丹精に作られた上品な味わいで、しょうが入りの新製品もあります。色々な味が楽しめ、好評です。

山中和紙(飛騨市〈河合〉)
原料のこうぞの色や繊維を生かしたナチュラルな風合が特徴です。

しんがいそば(白川村)
本物のおいしさを楽しんでいただくため、昔ながらの石臼を使い、打つ直前に使う分だけ挽くというやり方にこだわっています。そばは白川産で、風味の良さは太鼓判です。また、合掌造り民家園・体験館では、そば打ち体験も出来ます。

ますの寿し(富山市)
材料となるサクラ色のマスの身と良質の富山米、緑色の笹の葉は、その色彩的調和とます寿し独特の風味を醸し出しています。

かまぼこ(富山市)
富山県水産加工品の代表であるかまぼこは、新鮮な海の幸と立山のおいしい水を使用して、昆布巻、赤巻、青巻、祝事用の細工かまぼこなどが製造されています。なかでも、昆布巻は富山独特のもので、酒の肴としても最高です。

いちじく(富山市〈大沢野〉)
新鮮でヘルシーなイメージが大好評。9月上旬から10月までが食べごろです。上品な甘さがお口いっぱいに広がります。

みょうが(富山市〈大山〉)
立山山麓の澄んだ空気と豊かな森林の中ですくすく育った小佐波みょうがは、ふるさとの味と香りのする逸品です。特に加工品の『みょうが寿し』は絶品です。

八尾和紙(富山市〈八尾〉)
江戸時代中期、越中売薬の起こりとともに、その薬の包み紙や薬を入れる大袋用紙として作り始められました。現在は、手すき独特の風合いと、伝統の型染模様の美しさで人気を呼んでいます。

柿の原酢・柿酢・アルカメイト(富山市〈山田〉)
山田村特産の柿を実も葉も丸ごと使ってありますので、調味料や健康ドリンクとしてお好みに合わせてご利用いただけます。

らっきょう(富山市〈細入〉)
シャキッとした歯触りは天下一品です。ワイン漬けやたまり漬けなどの各種漬物もあります。

チューリップ球根(砺波市)
チューリップの球根生産日本一の砺波市。砺波産の球根は美しく元気いっぱいの花を咲かせます。

大門素麺(砺波市)
寒風にさらす、昔ながらの天日干しにより、引き締まった麺が特徴の素麺です。香りや味も良く、一度は味わいたい逸品です。

庄川ゆず(砺波市〈庄川〉)
特有の香気をたっぷりと含み、果肉も厚く酸味が強いのが特徴です。

挽物木地(砺波市〈庄川〉)
江戸時代より木材を利用して、横ロクロによる挽物木地の生産が始められ、現在、日本全国の漆器産地へ白木地として出荷されるほか、記念品や贈答品として利用されています。

かや焼き(南砺市〈城端〉)
昔、五箇山で食用とされたかやの実の趣を生かして焼き上げた歯ごたえのある豆状のお菓子です。

五箇山和紙(南砺市〈平〉)
400年以上の伝統を持つ五箇山和紙は、国の伝統的工芸品に指定されている手すき和紙です。染紙は、和紙美術工芸へと用途を広げています。

五箇山とうふ(南砺市〈平・上平〉)
五箇山とうふは、とにかく固いのが特徴で、ワラで縛って持ち運べる程です。

岩魚寿し(南砺市〈上平〉)
岩魚を使ったにぎり寿しです。

またたび酒(南砺市〈利賀〉)
山地に自生するまたたびを原料としたリキュール酒。またたび特有の香りを漂わせています。

いもっこ鍋(南砺市〈井波〉)
特産の里芋やヘルシーポークなど材料にこだわったふるさとの味がする鍋です。

大学いも(南砺市〈井口〉)
植物繊維を多く含むさつまいもを油でからっと揚げ、甘さを抑えたアメが味を引き立たせています。

(南砺市〈福野〉)
南砺市では菊づくりが盛んで、電照菊では、北陸随一を誇っています。11月には南砺菊まつりが開催されます。

富山干柿(南砺市〈福光・城端〉)
『三社柿』と呼ばれる渋柿が、『医王おろし』と呼ばれる寒風にさらされて1ケ月近くの自然乾燥と火力乾燥を経て、甘みの強い、風味豊かな干し柿となります。

朝日すいか(富山市(婦中))
みずみずしく甘みのある朝日すいかは、味、大きさともにスイカの王者と言われています。



お問い合わせはこちら

トップページに戻る前のページに戻る次のページに進む(イベント案内)