飛越地域の概要
四つの回廊
飛越お国自慢
飛越市町村情報
ふるさと飛越倶楽部



右の図は、回廊を表わすイメージ図で
実際のルート図ではありません。 ⇒
飛騨の里|高山市
千光寺円空仏|高山市
飛騨プラネタリウム|高山市
天の岩戸伝説|高山市
奥飛騨温泉郷|高山市
余部集落|飛騨市
飛騨みやがわ考古民俗館|飛騨市
スーパーカミオカンデ|飛騨市
神岡城|飛騨市
富山市民俗民芸村|富山市
猪谷関所館|富山市
善徳寺宝物収蔵館|南砺市
加賀藩時代の流刑小屋|南砺市
平家落人伝説|五箇山
世界遺産合掌造り集落|白川郷・五箇山


フロントページ(四つの回廊・表紙)『語りべ』Photo Galleryに進む


Return 飛騨の里|高山市| Photo Galleryへ
約99,000m3(3万坪)の敷地に、飛騨各地から合掌造りなどの特徴のある民家30数棟を集め、 昔ながらの飛騨の姿を再現しています。『飛騨の里』内には、谷川が流れ、水車が回り、池には魚が泳ぎ、田畑があり、昔のふるさとのよう な自然のたたずまいです。それぞれの民家には、飛騨の農山村の生活文化をしのぶ貴重な資料が展示されており、民具の博物館でもあります。
[お問い合わせ]飛騨の里/TEL.(0577)34−4711

Return 千光寺円空仏|高山市〈丹生川〉| Photo Galleryへ
千光寺は1600年前、飛騨の豪族両面宿儺(りょうめんすくな)により開創、1200年前に真如親王によって仏教寺院として 建立されたといわれ、数多くの文化財が保存されています。江戸時代初期には、旅の僧『円空上人』が同寺に滞在し多くの円空仏を制作しました。 円空仏の最高傑作『両面宿儺像』を含む約60体が同寺に残されています。
[お問い合わせ]円空仏展示館/TEL.(0577)78-1507

Return 飛騨プラネタリウム|高山市〈清見〉| Photo Galleryへ
飛騨地方で唯一のプラネタリウムで、四季折々の星座の番組が投影され、先端の天文科学から星にまつわる神話まで解説されます。
[お問い合わせ]飛騨プラネタリウム/TEL.(0577)67−3407

Return 天の岩戸伝説|高山市〈一之宮〉| Photo Galleryへ
位山は古くから天照大神をご神体とし、山頂の少し下には天の岩戸と呼ばれる巨石群があり、天孫降臨が行われたという高天原伝説が残っています。
[お問い合わせ]高山市観光課/TEL.(0577)35-3145

Return 奥飛騨温泉郷|高山市〈上宝〉| Photo Galleryへ
平湯温泉、新平湯温泉、福地温泉、栃尾温泉、新穂高温泉は、奥飛騨温泉郷として知られています。 北アルプスの雄姿を眺めながら浸かる露天風呂は、最高です。
[お問い合わせ]奥飛騨温泉郷総合案内所/TEL.(0578)9-2458

Return 余部(あまりべ)集落|飛騨市〈河合〉| Photo Galleryへ
飛騨匠の元祖といわれる止利仏師が生誕した古代飛鳥時代。そんな古代の息吹を甦らせようと飛鳥時代の村落を再現した余部集落。 竪穴式住居、掘立柱住居、高床式倉、炊屋、川屋が当時の様式で立ち並び、希望者は自炊で泊まることができます。
[お問い合わせ]レジェンドあすか/TEL.(0577)65−2074

Return 飛騨みやがわ考古民俗館|飛騨市〈宮川〉| Photo Galleryへ
国指定の重要文化財や縄文時代の生活を知る資料が盛り沢山あり、貴重な学習の場となっています。
[お問い合わせ]飛騨みやがわ考古民俗館/TEL.(0577)62−3251
          (4月上旬〜11月中旬の土・日・祝日のみ開館)
          (休館中:宮川振興事務所 TEL(0577)63-2311)

Return スーパーカミオカンデ|飛騨市〈神岡〉| Photo Galleryへ
東京大学宇宙線研究所が地下1,000mに約100億円をかけて建設した巨大な宇宙線観測施設です。毎年、7・8月頃に見学会が実施されます。
[お問い合わせ]神岡振興事務所産業振興課/TEL.(0578)2-2253

Return 神岡城(鉱山資料館、神岡町郷土館)|飛騨市(神岡)| Photo Galleryへ
戦国時代武田信玄の家来、山県三郎衛昌影が飛騨越中攻撃の拠点として建てました。現在の城は、昭和45年に復元された飛騨で唯一の、 二層三階の戦国城。また鉱山資料館、神岡町郷土館が併設されています。
[お問い合わせ]高原郷土館/TEL.(0578)2−0253 (12月〜3月 休館)
           (休館中:飛騨市教育委員会 TEL(0578)2-2255)

Return 富山市民俗民芸村|富山市| Photo Galleryへ
民芸館・民芸合掌館・民俗資料館・考古資料館・陶芸館・売薬資料館など、先人の暮らしの跡をしのばせる出土品や農具・民芸品などを展示。 また、郷土の水墨画家篁牛人記念美術館やとやま土人形工房も見逃せません。
[お問い合わせ]富山市民俗民芸村/TEL.(076)433−8270

Return 猪谷関所館|富山市〈細入〉| Photo Galleryへ
飛越国境の交通の要所に設置されていた『西猪谷関所』に関わる古文書等が多数保存展示されています。
[お問い合わせ]猪谷関所館/TEL.(076)484−1007

Return 善徳寺宝物収蔵館|南砺市〈城端〉| Photo Ggalleryへ
蓮如上人が開基したとされる真宗大谷派城端別院の境内にあり、親鸞聖人直筆の唯信抄をはじめ、什宝物、法宝物、 古文書などの寺宝が常設展示されています。
[お問い合わせ]南砺市観光課/TEL.(0763)23-2019

Return 加賀藩時代の流刑小屋|南砺市〈平〉| Photo Galleryへ
加賀藩時代、鳥もかよわぬ秘境の地といわれた五箇山は、流刑の適地として多くの罪人が送り込まれてきました。 その中でも重罪人を入れた小屋が復元修復されて残っています。
[お問い合わせ]南砺市観光課/TEL.(0763)23-2019

Return 平家落人伝説|五箇山| Photo Galleryへ
源氏との倶利伽羅の合戦に敗れた平家の落人が人目を避け隠れ住んだとされる五箇山。刀をくわやかまに持ち変えて、 麦を刈る時に歌ったのが『麦屋節』と伝えられ、その勇壮な姿に昔の平家の栄華が偲ばれます。
[お問い合わせ]南砺市観光課/TEL.(0763)23-2019

Return 世界遺産合掌造り集落|白川郷・五箇山| Photo Galleryへ
白川村荻町、南砺市相倉、菅沼の合掌造り集落は、平成7年12月に世界遺産に登録されました。茅葺きの大きな屋根が何かを 祈って手を合わせているように見えるのが特徴で、何百年もまえから、何世代もの大家族が同居してきた歴史にあふれています。
[お問い合わせ]白川村総務課 TEL.(05769)6-1311/南砺市観光課/TEL.(0763)23-2019





フロントページ(四つの回廊・表紙)『語りべ』Photo Galleryに進む