飛越地域の概要
四つの回廊
飛越お国自慢
飛越市町村情報
ふるさと飛越倶楽部

ふるさとの宝を守る
地域からの声 守っていますか?観光マナー
地域からの声 地域の取り組み

※ 市町村名や記載内容はしおり発行当時(平成14年度)のままとなっております。

清見村(岐阜県)

 総面積の約96パーセントを森林が占める岐阜県清見村。同村ではその豊かな森林資源を保全・活用する一環として、平成8年から「源流の森づくり」運動を実施しています。森林や自然への正しい理解と知識がない限り、豊かな森を育むことにはつながりません。そのためには一人でも多くの方が森に足を踏み入れ、直接森や木々と関わる機会が必要です。こうした目的から清見村では、村内に本拠地を置く「NPOドングリの会」との共催により、苗づくりのための“どんぐり拾い”や森を育てるための植栽、下草刈りなど1年を通じた活動を行っています。
 活動は今年で8年目を迎え、昨年は500名以上の方が参加。富山県漁業組合関係者や、愛知県一宮市の市民団体の協力により、森と海の結びつき、都市部と農村部の結びつきが、森の生長と共に育っています。今後も動植物豊かな21世紀の新しい森づくりを推進していきます。

▼そのほかの地域
神岡町 (岐阜県) 継続30年、高原川流域の「ボランティア清掃活動」
大沢野町(富山県) 「野仏」の保存調査と後世に伝える取り組み
福野町 (富山県) いつもきれいな町でお祭りを 「夜高祭」の清掃奉仕活動
古川町 (岐阜県) 「朝霧たつ都」を守り継ぐために
上宝村 (岐阜県) 「全村民挙げての環境美化運動を推進
利賀村 (富山県) 「アジサイロード」の育成や水質調査などを通して美しい村づくりを推進



トップページに戻る前のページに戻る次のページに進む