飛越地域の概要
四つの回廊
飛越お国自慢
飛越市町村情報
ふるさと飛越倶楽部

ふるさとの宝を守る
地域からの声 守っていますか?観光マナー
地域からの声 地域の取り組み

※ 市町村名や記載内容はしおり発行当時(平成14年度)のままとなっております。

上宝村(岐阜県)

 中部山岳国立公園をはじめ、全国に誇る自然景観を有する岐阜県上宝村。安房トンネルの開通により交流人口が増大し、心ない人たちによる乱開発やゴミ問題が深刻化しています。
 村ではこうした環境破壊への懸念から、平成9年度に「美しい村づくり上宝村宣言」「上宝村ポイ捨て等防止条例」を制定。自然環境を保持する取り組みを進めてきました。同年にスタートした村民総参加の清掃活動「奥飛騨村民クリーン大作戦」では、毎回トン単位の山のようなゴミが拾い集められ、その結果ゴミの量が年々減少するなど、大きな成果を挙げています。
 平成12年度には、“自分たちの手で村の景観を守ろう”という村民の声を反映した「上宝村景観保全条例」がスタート。行政と村民が一体となり、「未来の子どもたちに誇れる快適な社会環境づくり」に取り組んでいます。

▼そのほかの地域
神岡町 (岐阜県) 継続30年、高原川流域の「ボランティア清掃活動」
大沢野町(富山県) 「野仏」の保存調査と後世に伝える取り組み
福野町 (富山県) いつもきれいな町でお祭りを 「夜高祭」の清掃奉仕活動
清見村 (岐阜県) 「源流の森づくり」運動で、森と直接関わる機会を創出
古川町 (岐阜県) 「朝霧たつ都」を守り継ぐために
利賀村 (富山県) 「アジサイロード」の育成や水質調査などを通して美しい村づくりを推進



トップページに戻る前のページに戻る次のページに進む